女性

予防クリームで防ぐ妊娠線|浮かび上がる前にケアする

体をお手入れをする

妊婦

ケアをしすぎない

妊娠線は妊娠初期、妊娠中、出産後にわたってクリームやオイルなどを使ってマッサージをしながらケアをすることで予防していくことが大切です。お腹が大きくなってくる時は、人が太るときのように緩やかではなく急激に大きくなります。一日朝と夜の二回は最低でも行いましょう。注意したいのがマッサージのしすぎです。クリームやオイルなどの保湿をしながらマッサージをするのは血行を促進し皮膚を柔らかくすることができるため妊娠線予防のケアとしてはとても有効です。しかし、お腹や乳房のマッサージでは子宮の収縮が促進されてしまうことがあります。もしもマッサージケアを行っている最中にお腹が張ってくることがあったら中止することが大切です。

乾燥による

妊娠線ができてしまう最大の理由は、お腹の急激な膨らみに皮膚がひっぱられるように無理やり伸びることで皮膚の表面に亀裂のような線の跡が残ります。そういう意味で、妊娠線予防では肌の乾燥が大敵となります。肌の保湿力は年々低くなっていきます。妊娠をする人は一般的に若いですが、それでも子供たちに比べれば肌の潤いは少ないです。そこにさらに妊娠によってホルモンバランスやつわりなどの変化で栄養を十分に取れなくなってしまうと、肌はてきめんにカサカサな状態になります。乾燥すると痒みも発生して、これを掻いてしまうことでも妊娠線が出来る場合があります。そのため、肌の持つ力をクリームなどで補充することで予防することが大切になります。

肌の保湿が最優先事項

美容クリーム

妊婦の間では古くから一般的な、クリームによる皮膚の保湿は、妊娠線対策において最も効果的で簡単な方法です。そのため、今後も多くの妊婦が保湿クリームによる妊娠線対策を行うでしょう。また、腹部だけではなく、脇や乳房にもクリームを塗る工夫を行うと、より妊娠線の発生リスクを下げる事が出来ます。

読んでみよう

肌が綺麗になります

化粧水

ビタミンc誘導体が配合された化粧品は様々な肌のトラブルの改善に役立つため、人気を集めています。特にニキビ肌や毛穴の目立ち、たるみなどに働いてくれます。より働きを感じたい場合にはイオン導入器の併用も有効です。

読んでみよう

収れんタイプの化粧品

スキンケア

毛穴の開きは、皮脂の詰まりと肌のたるみが原因と言われています。改善させるには、毛穴引き締め効果のある「収れん化粧水」が効果的です。毎日使用し続けると肌のキメが整い、なめらかでツヤのある肌を維持できます。

読んでみよう